なぜ青汁は人気があるのでしょう?

なぜ青汁は人気があるのでしょう?

青汁がこんなに人気があるのはなぜでしょうか?その理由は大きく分けて3つあると思われます。
@現代人の生活習慣病・・・高血圧症、糖尿病、高脂血症、肥満症などの生活習慣病がまん延していることはご存知でしょう。こうした生活習慣病は自覚症状がないまま進行することが多いため、健康診断などで数値の異常が見つかって初めて生活習慣病予備軍だと知るのです。そうなると、「何とかしなくちゃいけない」と思うのですが、食生活や生活習慣を改善するのは簡単ではありません。そんなとき、せめて青汁を飲んで野菜不足を改善しようとするのは納得ですね。
A野菜不足の指摘・・・厚生労働省は1日に必要なの野菜の摂取量は350gと報告しています。しかし、現代人は平均で295.3gしか野菜を摂っていませんので、約55gの不足です。そこで野菜不足を補うために登場するのが青汁というわけです。青汁は薬やサプリメントと違って天然の野菜を材料にした絞り汁や粉末ですから、栄養は豊富なのに副作用はないので安心です。
B理想の健康飲料・・・青汁の原料であるケール、大麦若葉、明日葉などはどれもビタミン、ミネラル、食物繊維などをたっぷり含んでいますから、体に良いのは当然です。ただ、青汁は薬ではありませんから即効性はなく、病気そのものを治すのが目的ではありません。あくまでも野菜不足を補う補助食品です。そして、飲み続けることが大切です。