青汁は野菜の代わりになる?

青汁は野菜の代わりになる?

確かに、今の日本人の食生活はとても偏りがあるようですね。朝はファーストフードで簡単に済ませたり、お昼も夜もコンビニ弁当を食べたり、ファミレスの脂っこい食事が好物だったり。。。明らかに野菜不足。また、大人だけでなく、子供も野菜嫌いや野菜不足が心配です。サプリメントなどで野菜不足を補おうというのも当然かもしれません。最近では、大人も子どもも飲めるクセのない青汁や甘い青汁などが増えてきましたね。
ところで、野菜ジュースを飲めば野菜不足を補えると思っている人も多いようです。コンビニでも、おにぎり+野菜ジュースとか、菓子パン+野菜ジュース、という組み合わせの人をよく見ます。でも、これでは野菜不足解消にはならないそうです。
野菜ジュースは、加工の際に野菜を高温殺菌するため、熱に弱いビタミン類が減少してしまうのです。そのため、生野菜を食べるのと比べると、かなり栄養価は少なくなるそうです。また、市販の野菜ジュースは野菜を絞った後、濾してサラサラにしているものがほとんどで、便通に良いせっかくの食物繊維があまり残っていないのです。その点、青汁ならビタミンはそのままで、食物繊維もたっぷり摂ることができます。
青汁って本当に優れた健康食品なんですね。でも、青汁を飲んでいれば野菜を食べなくていいというわけではありません。できれば、たくさんの種類の野菜、それも季節の野菜を新鮮な状態で食べるのがお奨めです。青汁は日々の野菜不足を補うためのものと考えましょう。