資生堂の長命草

資生堂の長命草

化粧品の老舗である資生堂から青汁が販売されていることをご存知ですか?きっと女性の美を意識したものだろうと思い、調べてみました。
「長命草」というネーミングのとおり、主成分は“奇跡の植物”と呼ばれる与那国島産の長命草です。与那国島は、周辺の海の荒さから渡難と呼ばれる日本最西端の島。この厳しい自然環境で暮らす人々の健康を支えてきたのが、長命草だそうです。岩の切れ目に根を伸ばし、海のミネラルと降り注ぐ太陽を吸収した長命草には、鉄分、カルシウム、食物繊維、ポリフェノールなどがバランスよく含まれています。例えば、食物繊維はキャベツの5倍、鉄分はプルーンの6倍もあるのです。成分的に素晴らしい植物ですが、さらに与那国島の契約農園で独自に無農薬栽培した長命草だけを使用する徹底ぶりです。
資生堂の長命草はパウダータイプが人気です。飲み続けられるように、味の調整にも苦労したそうで、とても飲みやすく仕上げられています。パッケージもシンプルで女性好みですね。
実際に長命草を飲んだ女性からは、「肌がツルツルになって、化粧のノリが良くなった」、「朝すっきり起きられるようになった」、「活動しやすくなった」などの声が寄せられています。さすが資生堂は女性の味方ですね。